MENU

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンでまとめると多くのメリットがありますが、まとめ方によってはデメリットも生じます。
せっかく申込みをするのですからメリットを最大限に生かしたおまとめローンにする事が重要です。

 

◇おまとめローンのメリット

おまとめローンの最大のメリットは「金利の低いところへ借り換える事で総返済額を少なくできる」と言う事です。
また「借入先の返済日がそれぞれ違うため、常に返済日を気にしていなければならないのが、まとめることで返済日が1日になる」、借り換えができれば「新たな返済計画が立てられるので、楽な返済ができるようになる」といった多くのメリットも有ります。

 

◇おまとめローンのデメリット

おまとめローンで借り換える時は、現在の金利より低い金利で借りることが条件ですが、キャッシング会社によって借り換えても金利の差がそれほど見込めない場合があります。
貸し倒れのリスクが高いと思われる債務者には、高い金利で融資しますので、多重債務の状態になっている債務者には、貸し倒れのリスクが高いと判断されることが多いため、結果的に思っているほど金利が低くならないことも多いです。
また、おまとめローンで借り換えをするとき、新たに返済計画を立てることができます。
ただ、この事はメリットでもある反面デメリットにもなります。
それは、今まで返済が苦しかったので、毎月返済を少なくして楽な返済をしたいといった場合で、毎月返済額を減らしたために返済期間が長くなり、利息が増えることで今より総返済額が増えてしまうことがあります。

 

おまとめローンで借り換えると、借り換え先から消費者金融などへ現在の借金を返済しますので、おまとめローンで借り換えると利息制限法による引き直し計算が出来なくなります。
これまで長期間グレーゾーン金利で返済していた方は、利息制限法による引き直し計算で借金を減らしたり、過払い金を取り戻したりすることができることがあるのですが、おまとめをすると、金利の引き直しをせずに残額を全額支払ってしまうことになるので、減額や過払い金返還の機会がなくなってしまいます

 

おまとめローンで借り換えるにはメリットもありますがデメリットもあることを理解して利用することが重要です。