MENU

おまとめローンの審査を通るには

おまとめローンの審査は、融資額も大きくなるので通常の審査に比べて厳しくなります。
審査を通過するためにも知っておいたほうがよいポイントなどもあるので、いきなり申込をせずにある程度の準備をしてから申込むほうがより確実です。

 

◇おまとめローンの審査方法

申込書や信用情報機関の個人情報をもとにして、コンピューターを使ったスコアリングシステムで点数を付けていきます。
審査方法は、一般のローンと同じで「申込者にどれくらいの返済能力が有るかどうか」の判断が重要になります。
判断材料として使われるのが申込書の記入内容と、信用情報機関の個人情報をもとにして審査をします。
最初に申込書にウソや間違いがないかを確認しますが、おまとめローンを申込む場合は、すでに信用情報機関の個人情報が作成されていますので、うその記載をすると、この段階で審査に落とされますので正直に書く事が重要です。

 

◇総合得点で評価される

評価の中で勤続年数が重要で、同じ会社での勤続年数が長ければ長いほど点数は高くなりますが、反対に勤続年数が短ければ点数は低くなるので、おまとめを申込むときは最低でも1年以上経過していることが重要です。
その他の記入項目も含めて点数がつけられます。
さらに、信用情報機関の個人情報の借入れ状況や利用状況なども重要で、利用状況に遅延などが記載されているとまず通らないと考えておきましょう。

 

◇どうやれば審査にとおりやすくなるか

これからキャッシングを始める方と、おまとめローンを申込む方の大きな違いは、すでに信用情報機関に個人情報があるということす。
おまとめを申込んだときは、個人情報と照合しますので、仮に記入ミスだったとしても、担当者から見ると「ごまかしている」ともとられかねません。
そうなってしまうと「信用できない」と判断されてしまい、その場で審査が終了してしまうので、記入した後は記入ミスがないかを再度確認することが重要です。

 

◇出来れば借入件数を減らしておく」

おまとめローンは多重債務の方が申込みをするわけですが、借入件数が4件以上あると審査に通りません。
利用していないローンやクレジットカードは解約手続きを取って契約件数を3軒以内に抑えることも重要なポイントになります。