MENU

おまとめローンを有効に使うには

おまとめローンは「利用者の利益になる」という項目から、銀行だけでなく貸金業者でも商品が用意されています。

 

◇おまとめの検討は何度でもシミュレーションしてみる

おまとめローンを検討するには、実際に金利のシミュレーションや、返済期間のシミュレーションをしてみることが重要です。
返済シミュレーションはインターネットのウェブサイトたにくさんありますので、どこかを選んで返済シミュレーションを試してみましょう。
たとえば、借入総残高を入力して、各社の年利で10年間かけて返済した場合がどうなるのか、年利○○パーセントとして5年間で返済したら月額の返済額はいくらになるかなど、条件を変えて何度でもシミュレーションで試してみましょう。

 

◇金利が安くても返済額が増える場合もある

金利が安くても返済期間が長くなれば借入総残高が大きくなります。
おまとめローンの年利は、実質年率という形態になっています。
これは、元金が減るほど利息も減るという仕組みなので、同じ金利15%でも、借入額が50万円の方と100万円の方では、発生する利息には2倍の差が生まれます。

 

◇おまとめローンの年利とは?

たとえば、おまとめローンで100万円借りたとします。
年利が15%ならば、1年間で115万円になるのですが、実際の計算方法は違ってきます。

 

毎月一定額の返済をして元金を減らしていくので、1年間で115万円になることはありません。
1年間で完済した場合は、実質110万円以下の返済になるはずです。
おまとめローンを利用する方は、短期完済を目指してください。

 

◇出来るだけ早く完済することが理想的

毎月の負担額を最小限にして、ダラダラと返済しているのでは、なかなか完済できません。
1〜3年をめどに返済プランを立ててみましょう。

 

早く返済すればするほどムダな利息を抑えられるので、効率よく利息を減らしたいなら、繰上げ返済がおすすめです。
繰り上げ返済はいつでも可能で、お金に余裕がある時は「毎月の返済額+α」で支払っていけば予定よりも早く完済できます

 

また、おまとめで一括返済をすると、完済した業者から再度「借入しませんか?」というような誘いがありますが、追加融資は受けないのが早期完済のコツで、早期完済するには、追加融資を受けないことが大切ですし、追加融資を受けると、一括返済を求められることもあります。